お知らせ / ブログ

夏の留袖

 

古典柄でありながら

ちょっとの表現を変えればモダンに。

夏の留袖

今はほとんどないからこそ

お誂え。